会社沿革Company history

創業期 1950-1970年代

1950年代当時、日本の動物医療に関する知見や技術は欧米諸国に比べ遅れをとっていました。そのような中、当社は1955年に日本で初めて犬ジステンパーワクチンをオランダから国内に流通させます。その後も次々に優れた品質のワクチンや動物用医薬品を販売し、海外と日本をつなぐ架け橋となりました。犬・猫にとどまらず、畜産動物の感染症対策など、いち早く獣医療の課題にも取り組みました。

  • 1955年 東京都千代田区(現在地)において共立商事株式会社設立
  • 1955年 犬ジステンパーワクチンを輸入 
  • 1961年 エスビラックパウダー(犬猫用ミルク)販売開始 
  • 1968年 つくば中央研究所完成
  • 1969年 ニューカッスル病のワクチン製造開始
  • 1969年 スワイバックC(豚熱生ワクチン)販売開始 
  • 1971年 ポールバックIB H120(鶏伝染性気管支炎生ワクチン)販売開始 
  • 1972年 イソップ薬品株式会社設立(現:サンアイビス株式会社)

成長期 1980-1990年代

1980年代以降、生活の安定に伴い、ペットを飼う人が増加。獣医師の数も大幅に増えました。また、生活スタイルや食生活の多様化などさまざまな要因により、食の安全・安心が社会的関心を集めるようになりました。
こうした社会的背景から増え続けるニーズに応えるため、当社は医薬品の輸入販売だけでなく、本格的に自社開発・製造に着手します。多品種の製品ラインアップで病気の予防や治療、感染症対策を行うとともに、動物の健康や医療に関する情報を積極的に発信してきました。
日本に「ペットは家族」という文化を根付かせ、日本の畜水産物は「安全・安心」「高品質」で「おいしい」という現在では当たり前となった環境を実現してきたのです。


  • 1980年 ポールバック コンビ(ニューカッスル病・鶏伝染性気管支炎混合生ワクチン)販売開始 
  • 1985年 ポールバックMD cvi(マレック病(マレック病ウイルスⅠ型)凍結生ワクチン)販売開始
  • 1989年 マスターフーズ株式会社と業務提携(2002年にロイヤルカナン社が傘下へ)
  • 1992年 ピシバック ビブリオ(さけ科魚類ビブリオ病不活化ワクチン)販売開始 
  • 1993年 東レ株式会社と業務提携
  • 1994年 世界初の犬猫用インターフェロン製剤「インターキャット」販売開始
  • 1995年 世界獣医学大会(横浜)メジャースポンサーとして協賛
  • 1997年 株式会社ティーセル研究所設立
  • 1997年 ピシバック レンサ(ぶりα溶血性レンサ球菌症不活化ワクチン)販売開始 
  • 1997年 マスターフーズ株式会社の総合栄養食ベッツプラン販売開始 
  • 1999年 公益社団法人 日本獣医師会マイクロチップ登録事業に参画
  • 1999年 スバキシン オーエスキー(豚オーエスキー病生ワクチン)販売開始 

拡大期 2000年代以降

2000年代以降、日本国内の人口は頭打ちとなり、ペットや畜水産動物の飼育頭数は減少しつつあります。その一方で、ペットの高齢化、畜水産現場における衛生管理の厳格化、動物病院や畜水産業の経営効率化など、社会のニーズはさらに多様化・個別化していきました。
当社はペット領域において、マイクロチップの普及活動や保護犬・保護猫の譲渡活動支援、電子カルテを搭載した動物医療プラットフォームの開発に着手。畜水産領域では、いち早く衛生管理手法HACCPの導入支援を開始しました。


  • 2001年 共立商事株式会社から共立製薬株式会社に社名変更
  • 2002年 電気化学工業株式会社よりデンカ製薬株式100%譲受
  • 2002年 つくば中央研究所を先端技術開発センターに改称
  • 2002年 HACCP導入支援開始
  • 2003年 デンカ製薬株式会社を川崎製薬株式会社に社名変更
  • 2003年 旭化成ファーマ株式会社とIntervet Holding B.V.より三鷹製薬株式会社の株式100%譲受
  • 2004年 川崎製薬株式会社と三鷹製薬株式会社を統合し川崎三鷹製薬株式会社を設立
  • 2006年 サントリー株式会社と業務提携 Pet Health セサミンE(動物用健康補助食品)販売開始 
  • 2007年 高知県産学官共同研究事業 日本アクアスペースに参画
  • 2009年 川崎三鷹製薬株式会社を川崎製薬株式会社に社名変更
  • 2009年 マストリチン(乳房内注入用抗炎症剤)販売開始 
  • 2010年 川崎製薬株式会社と統合
  • 2010年 アドレスタン(副腎皮質機能亢進症治療薬)販売開始 
  • 2012年 本社所在地を東京都千代田区九段北一丁目11番5号 に移転
  • 2012年 新エポリオン株式会社と統合
  • 2012年 ミミピュア(犬外耳炎治療薬)販売開始 
  • 2012年 鶏サルモネラ不活化3混・KS(鶏サルモネラ3種混合不活化ワクチン)販売開始 
  • 2012年 ヨーネジーン・KS(ヨーネ病リアルタイムPCR診断キット)販売開始 
  • 2013年 保護犬・保護猫の里親マッチングサイト「Veterinary Adoption (ベテリナリーアドプション)」を開設
  • 2013年 日本マイクロチップネットワーク株式会社設立
  • 2015年 ピモベハート錠(犬用慢性心不全用ピモベンダン製剤)販売開始
  • 2016年 ユニ・チャーム株式会社と業務提携
  • 2017年 カルス・アニマルヘルス・リミテッド(イギリス)設立
  • 2017年 ペットの健康相談サービス AI Dr.ホームズ を運営開始
  • 2017年 ラプロス(猫慢性腎臓病治療薬)販売開始
  • 2017年 フィプロスポット プラス(ノミ・マダニ駆除剤)販売開始
  • 2019年 動物医療プラットフォーム「VRAINERS®」を運営開始
  • 2019年 中国 金宇保霊生物薬品有限公司との合弁会社設立
  • 2019年 共立ホールディングス株式会社の傘下に組織変更
  • 2020年 畜産農場従事者向けWEBメディア「畜産ナビ」開設