2015.02.23(月)
犬の特発性てんかん治療薬 エピレス®錠 新発売

エピレス(R)錠

犬の特発性てんかんは、繰り返す発作を特徴とする脳疾患で、犬における重要な神経疾患のひとつです。
反復する発作を放置すると、神経細胞の長時間の過剰興奮によって神経細胞死(興奮毒)が生じ、発作性二次性脳損傷により死に至る危険性があります。そのため、抗てんかん薬を毎日服用することで発作の頻度および重症度を低減させる必要があります。
このたび、共立製薬はゾニサミドを有効成分とする新たな抗てんかん薬「エピレス®錠」を動物用医薬品として承認取得しました。
本剤は犬が好むフレーバー錠であり、投薬コンプライアンスも維持できるものと期待しております。
てんかんに悩む多くの犬、飼い主の方々のQOL向上のお役に立てば幸甚です。

エピレス®錠10mg

エピレス®錠20mg

  • 教えて!共立製薬
  • 製品の歴史
  • 研究開発と製造
  • 消臭剤エポリオン
  • 医療用医薬品製剤

ROYAL CANINresQ45アニマルオルソジャパン犬のアトピー110番

カルミックサンアイビス株式会社