徹底した製造管理及び品質管理(GMP)

つくば工場・埼玉工場

つくば工場埼玉工場

徹底した製造管理及び品質管理で安全安心な製品をお手元に

動物用医薬品は動物の生命・健康に直接関わる製品であるため、有効性・安全性・品質が担保された常に安心して使用できる製品が求められています。これらの要求事項を満足するために、動物用医薬品は各種の法規制に沿った厳しい製造管理及び品質管理のもとで生産することが義務付けられています。
弊社ではGMP対応のシステムにより、常に製造管理及び品質管理体制の見直しを行いながら、質の高い動物用医薬品づくりに努めています。
さらに、GMPとは別に、社内独自の上乗せの基準を設け、自社製造品においては原材料の受入から市場出荷まで、委託製造品においては中間製品受入から市場出荷までを厳しくチェックし、より高度な品質を保証するシステムで対応しています。
また、品質保証部門の定期的な監査により、各製造所の品質システムの妥当性と運用状態についてのチェックを実施するとともに、優れた品質の動物用医薬品を恒常的に製造するために生産工程の標準化や現場作業員に向けたGMPの教育・徹底にも積極的に取り組んでいます。

*)GMP(Good Manufacturing Practice)とは
優れた品質の医薬品を恒常的に製造するための指針です。


ROYAL CANINresQ45アニマルオルソジャパン犬のアトピー110番

カルミックイソップ薬品株式会社