わんにゃん豆知識

ペットと暮らしているといつもいろいろな不思議や疑問にぶつかります。
そんな不思議、疑問を動物のお薬を作っている共立製薬株式会社が解決いたします!
(学術監修:石田卓夫先生)

イメージ

感染症 / 猫編

第2回:怖い・猫の感染症(1)

猫汎白血球減少症

イメージ

猫のカゼに次いで、猫の感染症でしばしば見られるのが腸炎です。主な原因は猫汎白血球減少症ウイルス(猫パルボウイルス)で、別名、猫ジステンパー、猫パルボ腸炎とも言われます。発症すると激しい嘔吐や下痢が見られます。また、病気に対抗する兵士ともいえる白血球が減少して、急速に体力が低下します。成猫にも見られますが、3〜5ヵ月齢の子猫は発症しやすく、発症した場合は急激な脱水症状などにより死んでしまう事もある油断出来ない病気です。

猫汎白血球減少症にかかってしまった場合、原因ウイルスを直接退治する薬がないために、治療は主として対症療法となります。脱水症状になった猫には点滴などで水分や電解質を補って症状を抑えたり、免疫力を高めるためにインターフェロンを投与したりして、猫自身がウイルスに打ち勝つことを助けてあげます。
処置が早ければ早いほど体力の低下を食い止めることができますので、激しい下痢など症状に気づいた時にはすみやかに動物病院で診てもらうことをお勧めします。適切な治療で免疫力が高まれば予後は良好ですが、回復後もウイルスを排泄し続けることがありますので、複数の猫が一緒に生活している場合には注意が必要です。

イメージ

猫汎白血球減少症ウイルスは、既に感染している猫の排泄物(尿や便)や唾液などに多量に含まれ、これが口から入ることで他の猫に感染します。このウイルスはとても強く、外の環境でも数ヵ月間生存できるため、病気の猫と直接接触しなくてもご家族の靴などについた排泄物から間接的に感染してしまう危険性があります。

イメージ

年一回のワクチン接種で予防が可能な病気ですので、室内にいる子であっても間接的な感染を防ぐため、ワクチン接種で免疫力を維持しておきましょう。
前回ご紹介したフェリバック3には、猫汎白血球減少症に対しても 有効なワクチン成分が含まれています。

猫白血病ウイルス感染症

イメージ

猫の感染症の中には、発症してしまうと完治の難しい病気がいくつかあります。その一つが猫白血病ウイルスによるものです。猫白血病ウイルスが血液を作る工場である骨髄で増えるために、赤血球や白血球、血小板などの減少や異常な増殖を引き起こします。特に白血球が減った場合には、抵抗力が落ちて口内炎や下痢が続いたり、通常ではかからないような細菌に感染したりと、免疫不全と似たような症状になることから、しばしば猫エイズ(第3回で紹介)と間違われることがあります。

原因ウイルスは感染している猫の排泄物や唾液に出てくるため、猫同士のグルーミングやケンカなどで他の猫に感染します。特に感染した母猫に舐められた子猫が感染することが多く、生後間もない子猫では、ウイルスが体内に潜んで、そのまま居ついてしまう持続感染を起こします。感染初期に素早く適切な治療を行なうと、8割前後の猫はウイルスを排除できると言われていますが、持続感染し1〜2年後(慢性期)に再発してしまった場合には、早くて数ヵ月、長くて数年の余命となる恐ろしい病気です。

感染してすぐの発症であれば、貧血の場合には輸血、白血球が減少している 場合には細菌感染を防ぐために抗生剤の投与、また免疫力を高めるために インターフェロンの投与などの治療を行ないます。慢性期に再度発症してしまった場合には、症状を和らげて延命を図る治療しかありません。猫白血病ウイルスに感染しているかどうかはチェックマンFeLVのような検査キットを使って動物病院ですぐにわかりますので、もし検査を受けていない場合はできるだけ早く検査を受けることをお勧めします。

イメージ

猫白血病ウイルス感染症の予防には、ワクチンを接種しておくことが大切ですが、感染猫との接触の機会が多い場合には予防効果は100%とは言えません。日本の猫は約20頭に1頭が猫白血病ウイルスを保有しているそうです。ワクチンを接種しているからといって猫を屋外に出すと、いつの間にか感染していることもあります。最も確実な予防は感染した猫に接しない、つまり室内での生活を徹底することです。また、複数の猫が同居している場合は、感染猫と未感染猫の生活環境を分けることが重要です。ウイルス自体はあまり強くなく、簡単な消毒で死んでしまいますので、少し気をつけてあげるだけで防げる病気でもあります。

クラミドフィラ フェリス感染症(猫クラミジア感染症)

イメージ

前回ご紹介した猫ヘルペスウイルスや猫カリシウイルスと複合感染することの多い病原体がクラミドフィラ フェリスです。以前は猫クラミジアと呼ばれていました。感染すると化膿性の結膜炎や鼻炎を起こして粘液性の目やにや鼻汁がみられます。感染が気道にまで広がった場合には、化膿性の気管支肺炎を併発することもあり、呼吸器病の猫の2割〜3割がクラミドフィラ フェリスに感染しているとも言われています。

主に感染した猫の目やにや涙などに接触することで他の猫に感染します。単独では、あまり危険な病気ではありませんが、呼吸器症候群と複合感染したり、肺炎を併発したりする場合には、脱水による体力の低下や呼吸困難から死に至ることもあります。特に抵抗力の弱い子猫や老猫では注意が必要です。

治療には、テトラサイクリン系の抗生物質の点眼薬や服薬が有効です。症状が良くなってくると、つい量を減らしてしまったり、中止したりしてしまいがちですが、逆に病気を長引かせることになります。抗生物質を用いる際は、指示通りの量と期間を守って、病原体を完全にせん滅することが大切です。
クラミドフィラフェリス感染症のワクチンは、発症した場合の症状を軽くする効果があります。複合感染を考慮して、呼吸器症候群とクラミドフィラフェリスのどちらにも有効なワクチンを接種しておくことをお勧めします。

また、クラミドフィラフェリス感染症は猫汎白血球減少症や猫白血病ウイルス感染症とは異なり、ヒトでも結膜炎を起こした例が報告されています。非常に稀な例ですのであまり過敏になる必要はないと思いますが、猫に触れた手指では直接目をこすらずに、手洗いを忘れないようご注意ください。



ROYAL CANINアニマルオルソジャパン

サンアイビス株式会社Carus Animal Health