・特性を事前に知っておくこと

イメージ 純血種の犬をご希望ならその特性を書籍などから知ることができます。犬種毎にまとめられた本が多数出版されています。大きさ、性格の特徴、注意事項などを事前に知っておくと共同生活への備えをすることができます。純血種以外の特性を知ることは困難です。混血種の子犬を貰い受けるときは父母犬の特徴を聞いておくと参考になります。

猫の場合、品種による特性はそれほど詳しく知られていません。一般的に短毛種の猫は活発で、長毛種はおっとりしているとされています。また、純血種と混血種を比較したレポートでは、純血種の猫は愛情深く、行動の予測ができ、人に頼る傾向が強く、家族と過ごす時間も長いとされています。ただし、これも個体差が大きいようです。